GPSwalking

2022.06.08(水)

マイナポイント第2弾まいなぽいんと

マイナポイント第2弾(総務省のHPから引用)

マイナポイント第2弾が実施されています。
この第2弾は、今年2022年の1月1日から始まっていたようです。
よほどマイナンバーカードの普及率が低いのか、第1弾の5000ポイント分も今からでも申し込めるらしいです。
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/
そのため既に第1弾を実施済みの人にとっては、説明が重複していてちょっと分かり難いことになってしまっている気がします。
第2弾は上記の第1弾の5000ポイント分の他に

  1. マイナンバーカードを健康保険証として利用登録する。
  2. 公金受取口座を登録する。
この2つをすると、それぞれ7500円分のポイントを貰え、第1弾の5000ポイントと合わせて、2万円分のポイントが貰えるという事のようです。

第1弾の5000ポイントは買い物をした場合に25%分がポイントとして還元され、最大で5000ポイントというものでした。
今回の第2弾の7500ポイントについても25%還元が適用されるかどうかについては、全く書いてありません。
キャッシュレス決済サービスに紐付けするのですから、第1弾と同じようにキャッシュレスで買い物などをした場合に還元されるのだろうと思いますが、今日6月8日になってもまだ決まっていないらしいです。

これら第2弾は2022年1月1日から始まっていて、健康保険証としての登録と公金受取口座の登録は実施しました。
その時点で、ポイント申込開始は6月頃からとなっていましたので、3日ほど前にクレジットカードを紐付けしました。
その結果、カード会社から「決済サービスID」と「マイナポイント用セキュリティコード」が発行されて通知が届きました。

この取得したIDとコード使って、総務省のWEBサイトからマイナポイントの予約・申込手続きへと進んでください。と書いてあったので、それに従って手続きをしました。
結果の確認は「マイキープラットホーム 利用者マイページ」というところで確認できます。

ところがここで問題発生!
「申込状況紹介」ページを開いたら、トップページの1行目に
「あなたは、マイナポイントの利用が停止されています。」と、「管理者停止」と、恐ろしいことが表示されていました。
訳が分からないので、マイナポイントのWEBサイトに表示されている「マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)」に問い合わせてみました。

対応してくれたのは女性でしたが、きっと初心者なんでしょう? 隣で男性がアドバイスしている声がまる聞こえで、男性の指示をそのままオウム返しに言っているだけでした。
第1弾の5000ポイントはプリペイドカード「Kyash」で既に受け取っていること。今回の第2弾は決済サービスをクレジットカードに変更したい旨を伝えました。
いろいろ質問されたけど、結局分からないようで「緊急相談窓口(0120-023-460)」を紹介され、そこへ電話してみてくれとのことでした。

案内された通り「緊急相談窓口」に電話すると、私が登録したJCBのクレジットカードは利用できる決済サービスとして載っていないとのこと。
既に事前登録は完了していて「決済サービスID」と「マイナポイント用セキュリティコード」が発行されて、通知が届いていることを伝えても、「ここではわからないですから・・・」と、またまた電話番号を案内されて、そこでそのカードが利用可能かどうか聞いてみてくれとのことでした。どこに繋がるのかと尋ねたらJCBに繋がるとのことでした。
既に「決済サービスID」と「マイナポイント用セキュリティコード」が正常に発行されている、ということを伝えても、とにかくJCBに聞いてくれの一点張りでした。
「マイナンバー総合フリーダイヤル」や「マイナポイント緊急相談窓口」の担当者があまり良く分かっていない印象を受けました。

私は「あなたは、マイナポイントの利用が停止されています。」と、「管理者停止」ということの意味を尋ねたかったのですが、どんどん違う方向に誘導されて行ってしまうように思いました。
指示された通りJCBに電話しましたが、当然利用できるカードだということでした。

結局、「あなたは、マイナポイントの利用が停止されています。」と、「管理者停止」という意味は分からないまま、JCBの担当者のアドバイスにしたがって6月30日の申込開始日を待つことになりました。
ここまでやるのに大変疲れました。

2022.06.08

データ

  • 天気
    曇り

アーカイブス