GPSwalking

2022.07.01(金)

土用干し

1階も2階も満艦飾

毎日好天で暑い日が続いている。
TVなどは毎日のように熱中症の危険や電力ひっ迫のニュースを報じている。
概ねこの好天続きをマイナスイメージで捉えている場合が多い。
しかし、考えようによっては、こんな好天が毎日続くことは「土用干し」にとっては誠に都合が良い。

最近では、あまり「土用干し」という言葉も、梅干の土用干しぐらいで、衣類や書籍の土用干しについては言われなくなってきた。
昔は、田舎の広い家は各部屋がふすま1枚で仕切られていたので、ふすまを外せば柱だけが残った広い空間ができた。
そこに紐を何本も張って、タンスに仕舞ってあった「よそ行きの着物」や喪服などの冠婚葬祭用のめったに着ない着物を家中に吊るして日陰干しした。
年に1度の一大イベントは、家中に樟脳の香りが広がった。それは特別な日の装いをした晴れやかな母の匂いがした。
見慣れない着物の間をうろうろ歩くと怒られたが、土用干しは晴れやかな特別な日の感じがして嬉しかった。

最近はクリーニングが発達したためか、あるいは家の構造がカビや虫が発生しにくくなったのか、はたまた家が小さな個室の集まりになってしまったので、虫干ししたくても、そのスペースがなくなったためか、土用干し(虫干し)という言葉自体をあまり聞かなくなってしまった。

昨日、お客用の座布団を日が照りつけてものすごく暑い庭に並べて、天日干ししたのを皮切りに、押し入れにあったシーツや布団カバーなど、どうしても「押し入れ臭」がするものすべてを洗い直した。
天気が良いお蔭で直ぐに乾いてしまうので、1日に2回洗濯できて、仕事が捗った。
今日も朝6時から、昨日の続きの洗濯をしている。
日向に出て洗濯物を干している短い間でも汗が吹き出てくるが、天気が良くてどんどん仕事が捗るので気持ちがいい。本当にありがたいことだ!!

2022.07.01

データ

  • 天気
    晴れ

アーカイブス