GPSwalking

2022.06.18(土)

Nikon COOLSCAN V 用ドライバー

古いネガカラーフィルムをデジタル化しようと思っていて忘れてしまって、そのままになっているものが1968年から1998年までの30年分あることを思い出しました。
ホームページに掲載したものはその都度デジタル化してきましたが、それでも20数年分は手つかずのままだと思います。
80歳を過ぎ、もう残りの時間が少なくなったことを感じて、デジタル化することを思い立ちました。

Nikon COOLSCAN V ED

ところが、パソコンにはNikonのフィルムスキャナー(COOLSCAN V ED)のドライバーがありません。今のパソコンになってからスキャナーを使ったことがあるのかないのかも覚えていません。
Nikonのサイトからダウンロードしようと思いましたが、どうやら既にサポート外となってしまったようです。


昔の外付けHDDなど、すべて調べてみましたが、保存してありませんでした。
これがなければ、スキャナーはただの金属の塊でしかないことになってしまいます。

まだ十分使えるので、何とかしたいところです。
どこかにダウンロードできるサイトがないか、丹念に調べました。
その結果、「活き活きPC&園芸三昧」にドライバーソフトのインストールに成功したらしいことが書いてありました。

その筆者は「infファイル」の書き換えなど、結構ややこしい方法を経て成功に漕ぎつけたようですが、必要なファイルのダウンロード先や方法が詳しく説明されていて、これならスキャナーが使えるようになるかも? と期待が膨らみます。
ところが「事前に、Nikon Scan 4.0.3をインストールしておくことが必須である。Nikon Scan 4.0.3は、ここからダウンロードできます。」となっていて、「ここからダウンロード」のリンクをクリックしましたが「要求されたページはサーバ上に存在しません」となってしまって、残念ながらダウンロード先は見つけられませんでした。
記事の日付を見ると2017年5月17日の記事ですから、無理もありません。

これでまた振り出しに戻ってしまいました。
そこで上記サイトが参考にしたというサイト「Nikon Scan 4.0.3をWindows 7/8.1/10 64bit版で動かす」を読んでみました。
このサイトは良く調べてあり、COOLSCAN V EDのドライバーが入手できるのは、2020年8月時点で、海外向けのHPに、英語版のNikon Scan4.0.0のダウンロードページが残っていて、これが恐らく公式では唯一、ダウンロードできるNikon Scanになります。ということが書いてあります。
しかし、Googleの自動翻訳だけが頼りの語学力のない者にとっては敷居が高いので、「●方法1」として紹介されている「VueScanのドライバを購入する」ことにしました。
日本円で¥13,500円です。
ところが購入先がAmazonなどのような安心できるサイトではなく、個人かそれに類するようなサイトのようで、素性がわかりません。

上記の記事には、試用版をダウンロードして、試用結果も良好であり、現時点で一番確実な方法はこれです。と、書いています。
早速試用版をダウンロードして使ってみました。
スキャン速度も画像のきれいさもNikon正規版と変わりません。むしろ正規版よりも使い勝手がいいように思いました。
いろいろなフィルムをスキャンしてみましたが、どれも非常にきれいに仕上がっています。
試用版は出力画像に「VueScanの購入を促す透かし」が入ります。

購入にはクレジットカードかデビットカードだということですが、サイトが本当に信頼できるサイトかどうかが不安材料です。本当にカード番号を入力しても不正請求されたりすることはないのか心配がありました。
以後何回も請求されたりすることはないのか、かなり心配です。相手がアメリカで英語圏ですから、もし不正請求された場合にどう対応したら良いものか途方に暮れると思います。

そこで、購入後カードを解約してしまおうと考え、ほとんど利用していないクレジットカードがあるので、それで購入することにしようと思いましたが、クレジットカードは決済が約1ヶ月遅れですから、その間に不正請求があればカード会社は立替払いしてしまうでしょうから、この方法は無意味だということになりました。
デビットカードなら請求された時点で即出金ですからデビットカード利用にして、決済が終わったらカードを解約してしまうほうが安心かと思い、デビットカード払いにしました。普段ほとんど使っていない口座の残高を¥13,500円+α程度にしておきました。
結局デビットカーもまだ解約していませんが、今のところ何事も起きていません。

1972年5月27日撮影
1985年6月16日撮影
1987年6月1日撮影
1992年6月3日撮影
1996年3月13日撮影

6月9日にダウンロードしてから、今日18日までにフィルム68本分をスキャンしましたが驚くほどきれいです。そして今日バージョンがVueScan 9x64(9.7.87)から(9.7.88)になった事のメールが届き、無料バージョンアップができました。
更新された項目はサポート対象の機種の追加や印刷用紙サイズの追加など私にはあまり関係がない部分でした。

それにしてもこの VueScan は大変な機能を備えた優れたスキャンツールです。
Windows、Mac OS X、Linux の Nikon、Canon、Fujitsu、EPSON、brother、hpなど、35のスキャナーメーカーから4300を超えるスキャナーをサポートしています。とありますから驚きです。
今ネットで古いスキャナーの買取広告が多い訳が分かった気がしました。

過去に日本で販売されたスキャナーのすべてを VueScan 1個でカバーできてしまうので、ドライバーがサポート外になってしまって使えなくなったスキャナーを買い漁っている商売人がいるのでしょう。

とにかくこの VueScan は優れモノだと思いました。古いネガカラーフィルムから蘇る画像を見るのはとても楽しい作業です。
そして、これほどのものを作られた方に対して、不正請求されないかと心配した自分の了見の狭さを恥ずかしく思いました。
これから雨の日が多くなるでしょうから、家でスキャン三昧の日々になることと思います。

2022.06.18

データ

  • 1日の歩数
    1,780歩
  • 天気
    曇り

アーカイブス