GPSwalking

スマホで取得したGPSログを取り出す方法

「GPSLogger for Android」と「ジオグラフィカ」の場合について、GPSトラックログを取り出す方法を説明します。

アプリは  と  です。

これらのスマホGPSからデータを取り出す方法は「スマホGPS ジオグラフィカ」「GPSLogger for Android」設定 のページの最後に、それぞれ書いてあるのですが、その2つをまとめたものがこのページです。
「GPSLogger for Android」はAndroido専用です。「ジオグラフィカ」はiPhone用とAndroid用の2種類がありますが、Android用についてのみの説明になります。(iPhoneは持っていないため)

「GPSLogger for Android」は、設定で24時間1日1本のログを取り続ける設定も可能です。その場合は必要な部分を切り出す操作が必要になります。それも併記しました。

ジオグラフィカの場合

  1. メニューボタンでファイルを選択

  2. ファイルメニューが表示されるので「トラック」を選択

  3. 取り出したいファイル名をタップすると、左側に マークが付きます。
  4. 更に画面下部の マークをタップすると、操作メニュー画面が表示されます。

  5. 「GPXエクスポート」を選択

  6. [LINE]や[Gmail]などが表示されますから、自分のPCに届くモノを選択します。(私の場合はGmail)
    送り側がGmailという意味です。受け側はGmailでなくてもいいです。
    PCにLINEがインストールされていればLINEもOKです。

  7. 自分への宛先などを入力したら、送信マーク( 紙飛行機マークなど)をタップします。
  8. パソコンのメールを見ると、添付ファイルとして届いている筈ですから、それを保存先を指定して保存すればPCにGPXデータとして保存完了。

GPSLogger for Androidの場合

① Fujitsu arrowsM03 の場合

  1. スマホとPCをUSBケーブルで接続します。
  2. この状態でPCからスマホに充電状態になっていると思います。
  3. [充電状態]から[ファイル転送]に変更するには、スマホ画面の一番上を下に向かってスワイプします。
  4. いろいろな選択肢が表示されます。その中から[USBを充電に使用]の項目を探します。

  5. それをタップすると[USBの使用メニュー]が表示されますから[ファイル転送]を選択。

  6. これで、PC側の[エクスプローラー]でスマホが表示される状態になりました。以下PC側の操作。
  7. GPXデータをスマホの内部ストレージに保存する設定か、SDカードに保存する設定かによって、ストレージを選択してください。
    私の場合はSDカードですから、それを選択(ダブルクリック)
  8. 保存先は GPSLogger for Android の設定 の[3.GPX Viewer の設定]の2番で設定したアドレスです。
    「/storage/emulated/0/My Documents/Tracks/saved」
  9. [saved]フォルダを開くと、GPXデータが見えてきます。
  10. 全部または目的のデータをPCのフォルダにコピーまたは移動してください。
  11. 終わったら[充電]に戻してUSB接続を外します。

② AQUOS sense4 の場合

  1. スマホとPCをUSBケーブルで接続します。
  2. この状態で、右の画面が表示されます。

  3. [ファイル転送]を選択。

  4. これで、PC側の[エクスプローラー]でスマホが表示される状態になりました。以下PC側の操作。
  5. スマホのストレージで「My Documents」→「Tracks」→「saved」の順に開いていきます。
  6. [saved]フォルダを開くと、GPXデータが見えてきます。
  7. 全部または目的のデータをPCのフォルダにコピーまたは移動してください。
  8. 終わったら[データ転送なし]に切替えてUSB接続を外します。

24時間ログから必要な部分を切り出す方法

  1. パソコンにカシミールがインストールされていることが前提です。
  2. 対象のGPSログをダブルクリックするとカシミールが起動して、ログの軌跡が表示されます。
  3. 今回の場合は、右図中央の「中平吹町」から「日野山往復部分」が必要なGPSログです。(他の部分は車で移動した軌跡です)
  4. メニューの「編集」→「GPSデータ編集」をクリック
  5. 「GPSデータエディタ画面」の左の項目から「トラック」を選択し


  6. 表示されたログファイル名をダブルクリックします。
  7. 「トラックデータ編集画面」に切り替わり、グラフとログデータが表示されます。
  8. グラフ中の「人形マーク」をグラフの「山」の麓付近まで移動します。地図でも「人形マーク」の位置を確認します。
  9. 下のログデータの項目の「速度」に注目して、移動速度が車の速度ではなく、歩く速度の部分を探します。
    地図の中の「人形マーク」が歩いた軌跡の中にあるかことを確認します。
  10. 歩きのログデータをすべて選択して、青くしたら、
    それを右クリックでコピーして、「トラックデータ編集画面」の「閉じる」ボタンをクリックして画面を閉じます。


  11. 上記5番の「GPSデータエディタ画面」に戻りますから、コピーしたデータを「貼り付け」ます。


  12. 「貼付け」た「新規」データを「右クリック」して「ファイルへの書き出」を選択します。


  13. 保存先をデスクトップなど任意のフォルダを指定して保存します。
    以上で、24時間ログから、任意の部分が切り取られて、ファイルとして書き出されました。
    このデータを使って、ホームページなどを作成します。

以上で、スマホGPSで取得したGPSログをパソコンなどに転送し、必要なデータ部分の切り取りもできました。

サブメニュー

ほかの参考サイト